エバメールゲルクリーム| お肌の仕組み

お肌の仕組み

健康な皮膚

健康な皮膚

膚の表面は、汗と油が混ざり合った皮脂膜で覆われています。この皮脂膜は紫外線などの外的要因から皮膚を守り、皮膚表面にある角質層の水分蒸発も防いでいます。健康な皮膚は、基底層で分裂した細胞が停滞せず角質層まで移動し、老化角質となって皮膚表面から剥がれるという新陳代謝を繰り返しています。

トラブルが起きた皮膚

トラブルが起きた皮膚

膚膜は、1/2000mmと云われるくらい薄く取れやすい環境です。シャンプーを頻繁に使う美容師さんや、洗い物の多い主婦の皆様の手などは、皮膚膜が取れやすく修復する間がないので、水分がどんどん蒸発します。例えばお顔の場合は突っ張りですし、手の場合はモノが掴めず滑りやすい状態になります。このような時、一般的には化粧水、乳液、保湿クリームを塗り、手にはハンドクリームを塗ります。

ゲルクリームを塗った皮膚

ゲルクリームを塗った皮膚

こで、カサブタのような硬い角質層に、外部からたっぷり水を与えます。つまり、蒸発を防ぐような水をゲル状にしたクリーム、エバメールゲルクリームを塗るということです。硬い角質層がゲルクリームで潤いを取り戻し、顆粒層と繋がることで細胞が移動できる環境が整備されます。後は細胞が自力で外に移動しようとするので自然に元の状態に。

細胞移動は、体液、つまり水分を介して移動しています。皮膚表面が乾燥状態になっている時や、化粧品、ハンドクリームの油分で皮膚表面が覆われている時は、細胞は皮膚表面近くで停滞し、新陳代謝がスムーズに行われません。すると皮膚は硬くなり、ひび割れを起こしてアカギレになります。このような状態の皮膚に必要なのは「油」ではなく「水」だと考え、蒸発しにくいゲル状にした水のクリームを開発したのです。

井戸水を汲み上げるポンプが干上がった時、別の水=「呼び水」を上から注ぎ入れてポンプを動かすと水は再び勢いよく出てきます。エバメールは、肌にもこの原理を応用しています。肌を潤わせるための呼び水、それがまさにゲルクリームなのです。エバメールではこれを「角質代謝の呼び水理論」と呼んでいます。

ページのトップへ

現在地:トップページお肌の仕組み

お問い合わせはこちら